海と畑のせとうち暮らし、ときどきウイスキー

瀬戸内海近くの山の中で山を見ながらアイラウイスキーを飲んでる田舎者のお話

焚き火と地方創生って似てるなって思ったお話

f:id:asahi1745:20161007222245j:plain

本日、地元のラジオ番組に出演し、事業の打ち合わせを行った後
家に帰ると、とても腹が減り、料理を作ることにしました。

ただ、家の台所で普通にやっても面白くもなんともないので
庭先でレンガを積み上げ、神社に落ちてる枝木を拾い、簡易コンロを作って
料理をしました。

で、新聞紙に火をつけて、木に火を移し、鍋を温める作業になるのですが
なかなか火がつかずに苦戦します。。。

秋の夕暮れを眺めながら、ゆっくりと火がついていく枝木を眺めていたら
地方創生と焚き火って似てるなと思いました。

火種をちゃんと作れるか

最初の時点で火種をきっちりと作ることができなければ
枝木に火がうつらず、料理を行うことができません。

これは、地域における事業や活動も同じことだと思っていて
最初に少人数・大人数に限らずに地域の方々に共感をしてもらえるか?
協力をしてもらえるのか?
そして、その火を大きくすることができるのか?
最初の時点で、地域活動における火種を仕掛け人がどこまで準備できるかが
すごく重要だなと思います。

継続して火を保ち続けることができるか

火種が枝木に移り、少しずつ火が大きくなってきます。
ここでウチワであおいで、火の勢いを加速させていくわけです。
しかし、このタイミングで思いっきりウチワで仰ぐと、
火は勢い良く燃えてくれて熱量は高くなり、熱くしてくれます。
が、その代わり、枝木はすぐに燃え尽きます。

地域でも、よくあるのかなと思うのですが
最初の時点って、みんな勢いよく走り出し、なんでもかんでもやろうとすると
多くのタスクや、複雑な役割分担なども、解消しないといけないことがたくさん発生します。
その結果、すぐに燃え尽きてしまいます。
地域の活動から離脱する人が増えてしまうではないかと。

ちゃんと、燃料の枝木を補給するように
活動を続けることに意義が出るようなリターンを作ったり
ウチワで仰ぐのもゆっくりだったり、勢いをつけて仰いだりするように
活動にも緩急をつけ、活動しやすい土台を作るのが必要ではないでしょうか?

周囲に注意、炎上注意

今回の料理を作っているときに、一番気をつけたのは
燃殻が風などで飛んで、他の草木に燃え移り、火災が発生しないようにしたことです。

地域の中でも同じことがあると思っていて
それぞれの方々は地域を良くしたいと同じ思いがあったとしても
やり方が違う!などで衝突し、炎上したりすることがあるなぁと
正直、ナンセンス。

そうならないための心構えや相手の意見を聞く姿勢を持ち
良好な人間関係を築くことで
自身が行っている活動を持続させることができるのではないかと思います。
周囲にちゃんと気配りをする人はどこでも活躍できますしね。

そんなことを思いながら
ずっと鶏肉をワインで煮込んでたら

すごく美味しい料理ができあがりました!!!!

次はコンロちゃんと作ろうと思います。

では、また!

f:id:asahi1745:20160824001615j:plain

橋の下の宿の作り方第4話 -社長になるのと、本物の経営者になるのは似ているけど違うからな!!-

f:id:asahi1745:20160824001606j:plain

みなさま、ご無沙汰しております。
橋の下の宿の作り方第4話でございます!!

ようやく4話です!
前回の3話が6月23日の投稿です。
2ヶ月ほど、無視更新をしておりませんでした。
ハン◯ー◯ンターの更新のなさですよね。

さて、本日、私、税務署と広島県東部県税事務所に行ってまいりました!!

なぜ、このような場所を訪れたかといいますと

「個人事業主」の開業届を提出するためです!!!

個人事業主(こじんじぎょうぬし)は、株式会社等の法人を設立せずに自ら事業を行っている個人をいう。 自営業者とも。 事業主一人のみ、家族のみ、あるいは少数の従業員を抱える小規模の経営が一般的だが、制限はなく、大規模な企業体を経営することも出来ないわけではない。
(ウィキペディアより)

そして、この個人事業主の申請、かなり難しいと思っていました。
しかし、手続き自体はすごくシンプルです。

今回、税務署と広島県東部県税事務所に提出した書類は合計3枚
このうち2枚は最低限必要なもので、あと1枚は任意提出です。
それがこちら

  1. 個人事業の開業・廃業等届出書(必須)
  2. 所得税青色申告承認申請書
  3. 個人事業税の開業届出書(必須)

(1)と(2) は税務署(国)へ
(3)は広島県東部県税事務所(都道府県)に提出するだけです。

これで、宿作りもすごくスピードを上げていけること間違いなしです!
しかも、これって

起業家の仲間入りじゃん!!
うわーーい!!

家族にも報告してきます


「オカン!!個人事業主になってきたぜ!これで社長*1だぜ(!!」

オカン
「ほー、そうなんや」







オカン
「で、宿ができるまで、それ以外はどこで収入を得るのですか?社長さん???アンタ、いまのところ、宿しか事業考えてなかったんじゃない?」



「・・・・・・・・・・・・あ」

f:id:asahi1745:20160824001615j:plain




【過去の記事はコチラから】
sharebartender.hatenablog.com
sharebartender.hatenablog.com
sharebartender.hatenablog.com
sharebartender.hatenablog.com

*1:厳密には違います。会社の最高責任者で、会社の代表権を持つ人が社長です。私はただの個人事業主。とんだ勘違い野郎ですね

【福山市】不在者投票制度って知ってる?【市長選】

f:id:asahi1745:20160821184658j:plain
こんにちわ
夏バテダウン気味のくらとしです。

さてさて、ついに福山市市長選挙の告示がされました!!
枝広候補も村上候補も出陣式を終え、市内各地を演説されていますね!!!
お祭りに近い感じです!!

が、しかし
みなさん、福山市の前回の市長選挙投票率ってご存知ですか?

22%ですよ!!!!!!
福山市有権者が約36万人いると仮定して
その内の22%って・・・

79,200人ですよ!!
まさかの8万人にも達してない!!

そりゃあ、政治にアクセスできないこの現代社会にも構造的な課題があるから、こんな数字にもなるでしょうけど
それにしても低くないっすか???

ところで、みなさん
福山に住民票のまま、別の地域で暮らしている方がご家族・お知り合いにいらっしゃいませんか?
面倒ですよね、わざわざ帰ってきて、投票するのって

そんな時に、はい、コチラ!!!

不在者投票】!!

期日前投票はもう有名になっていますが
不在者投票があまりにも無名すぎます。

不在者投票とは??

選挙の当日,仕事や旅行等で福山市外に滞在されている場合は,不在者投票を行うことができます

とのことです。

別に福山に帰ってこなくても、投票できるんですよーー!!!!!!

これなら、住民票を移さずに、東京で大学生してる人でも、仕事してる人でも投票できちゃうっていう便利システムです!

今回の選挙は両候補の積極的な呼びかけにより
盛り上がっている気がしてます。
その盛り上がりとともに、投票率があがればいいなと思っています。

==詳細は下記よりチャッキング!!==

【投票用紙及び投票用封筒の請求】
不在者投票宣誓書兼請求書」を下記から印刷,記入し,福山市選挙管理委員会にお持ちになるか,
または郵送してください。(ファックス及びメールでの送付は不可です)
(1)宛先 〒720-8501 福山市東桜町3番5号 福山市選挙管理委員会事務局 行
※注意
選挙の告示前でも請求できます。
郵便でのやりとりになりますので,お早めに請求してください。また,必ず連絡先の電話番号,マンション名,部屋番号等の住所を記入してください。   

【投票用紙等を選挙人に郵送】
求者が福山市の選挙人名簿に登録されていれば,選挙管理委員会から投票用紙・投票用内外封筒・不在者投票証明書を請求者に郵送します。

【滞在地の選挙管理委員会で投票】
選挙管理委員会から郵送した書類(投票用紙・投票用内外封筒・不在者投票証明書など)を滞在地の選挙管理委員会にお持ちになり,投票をしてください。
※注意
・「不在者投票証明書」の封筒は絶対に開かないでください。
(勝手に開封すると,不在者投票ができなくなります。送付した書類全部を,そのまま滞在地の選挙管理委員会へお持ちください。)
・投票は,滞在地の選挙管理委員会で行ってください。
(投票は,滞在地の選挙管理委員会の指示にしたがって投票してください。自宅などで投票用紙に記入すると,不在者投票が無効になります。)
・投票はなるべく早く済ませてください。
(投票日までに福山市選挙管理委員会まで投票用紙が送達されなかった場合は無効になりますので,できる限りお早めに投票を済ませてください。)
不在者投票が出来る日時等の詳しいことは滞在地の選挙管理委員会へお尋ねください。
・もし投票しなかった場合は,投票用紙等をすみやかに返送してください。

福山市選挙に関する情報はコチラからチェックできます【本ブログ参考サイト】
福山市長選挙について - 福山市ホームページ


不在者投票宣誓書兼請求書の様式はコチラから!

【福山市】公開討論会をやって、政治への無関心はなくなるの?【市長選】

f:id:asahi1745:20160809223951j:plain

こんにちわ
くらとしです。
夏の酷暑にやられて、夏バテです。
皆様も熱中症などには気をつけて楽しい夏を過ごしましょう。

さて、夏も暑いですが、コチラも徐々にヒートアップしてきましたね。
福山市市長選挙

自民党民進党から推薦を受けている枝広なおき氏
大阪維新の会で元大阪市議の村上栄二氏

この暑い中、お二人とも積極的にご活動されています。
その中で、有権者から「公開討論会」の開催を望む声が上がっております。
私自身が公開討論会を開催してほしい理由は3つです。

  1. お互いが描く福山市の理想状態と現状認識について知りたい。
  2. 候補者の政策の差異を知りたい。
  3. どちらが熱量を持って、福山市の未来を考えているのか知りたい。

といった、ところです。
実現したら嬉しいですね。
というか、やって、お願い。






そんでもって、公開討論会開催にむけての熱気が高まる中で
公開討論会をすることによって、福山市政治的無関心がなくなる可能性がある!という意見をチラ見しました。

本当に公開討論会の実施で、福山市政治的無関心はなくなるのでしょうか?
公開討論会を行うことによって、これまで政治に関心がなかった人が、討論会に足を運び
政治に関心を持ち始めるのか・・・?
実際のところは、持たないと思います。
※若造が偉そうなこと言って本当にすみません。

福山市というか日本にも言えることかもしれませんが
政治に関する関心がないことには、ふかーい構造がありそうです。

改めて見ると投票率は低いですね。。。
f:id:asahi1745:20160809222350p:plain
引用:総務省|国政選挙の年代別投票率の推移について


改めて申し上げておきますが
公開討論会は絶賛開催希望の1人です!私も!!

ただ、公開討論会だけでは、政治的無関心は突破できないと思ってるだけです!
はい、若造が生意気いってスミマセン!!

だって、政治に参加しようと思っても

政治を考える(政策を判断する)ために必要な情報にアクセスしづらいんだもん!!


政治の情報をアクセスするのが、本当にめんどくさい件について

少子高齢化問題、医療問題、農業問題、環境問題、保育所問題、産業の衰退
生活インフラの整備、教育の充実、税金の使い道、雇用問題など
私たちの周りある課題や悩みはとても多くあります。
しかし、その多くの課題に対して、私たちはどれだけの理解をしているでしょうか?

ほとんどの人が、一部の課題しか知らないのではないかと。
それどころか、どのような理由でその課題が発生したのか、や、今現在福山市役所(政府)がどのような取り組みをしているかを把握しきっている人はほぼいないではないでしょうか。
ただでさえ、仕事や学業、プライベートで忙しいのに、そんなことまで構ってられないですよね。
これらの課題に対して関心を持っている人が希少種になってしまっています。
本当は関心を持って取り組まないといけないのですけどね。

「仕事や学業が忙しくても、新聞やテレビでやっているだろう!ちょっとした時間に見れるじゃないか!!」
確かに、多くのメディアがそれらの課題について取り上げているのですが
上にもあげたように、課題の数が多く、しかも個々の課題が複雑怪奇でちょっとテレビ・新聞を見たくらいじゃ
正直、理解できないんですよね

テレビをちょっと見て、保育所のがなぜ足りなくなってしまった原因や林業が衰退した歴史的背景について語れる人は
ほとんどいないんじゃないでしょうか?
そうとう情報に感度が高く、アンテナを張ってる人じゃないと厳しいと思います。

日頃から常に本質まで情報を突き詰めてる人じゃないと、身の回りの課題は妖怪的なsomethingを見てるような感じではないでしょうか?
f:id:asahi1745:20160809223423p:plain
もう全部妖怪のせいにしちゃおうぜ!

政治を考えるために必要な情報を入手するまでのアクセスが、あまりにも遠すぎるため
公開討論会を実施しても、そもそも候補者の人たちがどのような政策に対して、ちゃんとリアクションが取れないのではないのでしょうか?
それ以前に、複雑怪奇な説明(公開討論会)を受けに行くことにハードルを感じてしまい、その時点で離脱するような気がします。

政治を考えるための入り口として

政治をカジュアルに考えるために、オススメのメディア・組織をここでご紹介します!

NPO法人YouthCreate(http://youth-create.jp/)

若者と政治を結ぶために様々なプロジェクトを立案され、実行されています。
先日の参院選でも多くのメディアでご活躍されていました。
個人的には、公開討論会モデレーターとして原田謙介氏に来ていただきたいです。
その前に討論会やるんかよという課題はありますが・・・

YouthCreateが目指す社会

「子ども・若者」が日本や自分の住んでいる地域へ主体的に関心を持ち、政治参加を行う、 「子ども・若者」の意見が政治・行政の議論の場に載る状況を目指します。 そして、政治への関心を持つことが、「かっこいい」と思われる社会を作ります。

②選挙ドットコム(http://go2senkyo.com/articles/)
全国の選挙区の動きはもちろんのこと、現在進行形の政策や政治の動きについての記事が多数あります!
政党の動きなどはコチラでチェックするのがいいかもしれませんね。

③リディラバ(http://ridilover.jp/)
社会の無関心の打破を理念に掲げ、社会課題の現場に旅行という形で人々に足を運んでもらうという
スタディツアー専門の旅行会社です。
ツアー以外にもTRAPROというメディアも運営しており、様々な社会課題についての情報が集積されています。
trapro.jp

④食べる政治(http://taberuseiji.com/)

「食べる政治」は、「身近な“食”をきっかけに、政治や社会問題について考えよう」をテーマとした、食べもの付きの月刊誌です。毎月異なるおいしい食材を取り上げ、その食べものに関連のあるできごとや社会問題を解説します。

食から政治を考える。かなり身近ですね。身近すぎて、関心がない課題について
わかりやすく、課題の背景まで解説されています。
(食材もついてくるんだって、最高じゃん)

まとめ

選挙のときだけの公開討論会だけではなく
日頃からもっと政治に必要な情報にアクセスすることができ
かつ、理解をするため・してもらうための努力をしなければいけないですね。
一回だけの政治的行動だけでは、社会は変わらない。

ほな、また

福山市の選挙まであと、19日
#選挙に行こう

《過去記事:政治関連》
sharebartender.hatenablog.com
sharebartender.hatenablog.com
sharebartender.hatenablog.com
sharebartender.hatenablog.com


《ソーシャルハウス作成中》
sharebartender.hatenablog.com
sharebartender.hatenablog.com
sharebartender.hatenablog.com
sharebartender.hatenablog.com

【福山市】公開討論会をやって、政治への無関心はなくなるの?【市長選】

f:id:asahi1745:20160809223951j:plain

こんにちわ
くらとしです。
夏の酷暑にやられて、夏バテです。
皆様も熱中症などには気をつけて楽しい夏を過ごしましょう。

さて、夏も暑いですが、コチラも徐々にヒートアップしてきましたね。
福山市市長選挙

自民党民進党から推薦を受けている枝広なおき氏
大阪維新の会で元大阪市議の村上栄二氏

この暑い中、お二人とも積極的にご活動されています。
その中で、有権者から「公開討論会」の開催を望む声が上がっております。
私自身が公開討論会を開催してほしい理由は3つです。

  1. お互いが描く福山市の理想状態と現状認識について知りたい。
  2. 候補者の政策の差異を知りたい。
  3. どちらが熱量を持って、福山市の未来を考えているのか知りたい。

といった、ところです。
実現したら嬉しいですね。
というか、やって、お願い。






そんでもって、公開討論会開催にむけての熱気が高まる中で
公開討論会をすることによって、福山市政治的無関心がなくなる可能性がある!という意見をチラ見しました。

本当に公開討論会の実施で、福山市政治的無関心はなくなるのでしょうか?
公開討論会を行うことによって、これまで政治に関心がなかった人が、討論会に足を運び
政治に関心を持ち始めるのか・・・?
実際のところは、持たないと思います。
※若造が偉そうなこと言って本当にすみません。

福山市というか日本にも言えることかもしれませんが
政治に関する関心がないことには、ふかーい構造がありそうです。

改めて見ると投票率は低いですね。。。
f:id:asahi1745:20160809222350p:plain
引用:総務省|国政選挙の年代別投票率の推移について


改めて申し上げておきますが
公開討論会は絶賛開催希望の1人です!私も!!

ただ、公開討論会だけでは、政治的無関心は突破できないと思ってるだけです!
はい、若造が生意気いってスミマセン!!

だって、政治に参加しようと思っても

政治を考える(政策を判断する)ために必要な情報にアクセスしづらいんだもん!!


政治の情報をアクセスするのが、本当にめんどくさい件について

少子高齢化問題、医療問題、農業問題、環境問題、保育所問題、産業の衰退
生活インフラの整備、教育の充実、税金の使い道、雇用問題など
私たちの周りある課題や悩みはとても多くあります。
しかし、その多くの課題に対して、私たちはどれだけの理解をしているでしょうか?

ほとんどの人が、一部の課題しか知らないのではないかと。
それどころか、どのような理由でその課題が発生したのか、や、今現在福山市役所(政府)がどのような取り組みをしているかを把握しきっている人はほぼいないではないでしょうか。
ただでさえ、仕事や学業、プライベートで忙しいのに、そんなことまで構ってられないですよね。
これらの課題に対して関心を持っている人が希少種になってしまっています。
本当は関心を持って取り組まないといけないのですけどね。

「仕事や学業が忙しくても、新聞やテレビでやっているだろう!ちょっとした時間に見れるじゃないか!!」
確かに、多くのメディアがそれらの課題について取り上げているのですが
上にもあげたように、課題の数が多く、しかも個々の課題が複雑怪奇でちょっとテレビ・新聞を見たくらいじゃ
正直、理解できないんですよね

テレビをちょっと見て、保育所のがなぜ足りなくなってしまった原因や林業が衰退した歴史的背景について語れる人は
ほとんどいないんじゃないでしょうか?
そうとう情報に感度が高く、アンテナを張ってる人じゃないと厳しいと思います。

日頃から常に本質まで情報を突き詰めてる人じゃないと、身の回りの課題は妖怪的なsomethingを見てるような感じではないでしょうか?
f:id:asahi1745:20160809223423p:plain
もう全部妖怪のせいにしちゃおうぜ!

政治を考えるために必要な情報を入手するまでのアクセスが、あまりにも遠すぎるため
公開討論会を実施しても、そもそも候補者の人たちがどのような政策に対して、ちゃんとリアクションが取れないのではないのでしょうか?
それ以前に、複雑怪奇な説明(公開討論会)を受けに行くことにハードルを感じてしまい、その時点で離脱するような気がします。

政治を考えるための入り口として

政治をカジュアルに考えるために、オススメのメディア・組織をここでご紹介します!

NPO法人YouthCreate(http://youth-create.jp/)

若者と政治を結ぶために様々なプロジェクトを立案され、実行されています。
先日の参院選でも多くのメディアでご活躍されていました。
個人的には、公開討論会モデレーターとして原田謙介氏に来ていただきたいです。
その前に討論会やるんかよという課題はありますが・・・

YouthCreateが目指す社会

「子ども・若者」が日本や自分の住んでいる地域へ主体的に関心を持ち、政治参加を行う、 「子ども・若者」の意見が政治・行政の議論の場に載る状況を目指します。 そして、政治への関心を持つことが、「かっこいい」と思われる社会を作ります。

②選挙ドットコム(http://go2senkyo.com/articles/)
全国の選挙区の動きはもちろんのこと、現在進行形の政策や政治の動きについての記事が多数あります!
政党の動きなどはコチラでチェックするのがいいかもしれませんね。

③リディラバ(http://ridilover.jp/)
社会の無関心の打破を理念に掲げ、社会課題の現場に旅行という形で人々に足を運んでもらうという
スタディツアー専門の旅行会社です。
ツアー以外にもTRAPROというメディアも運営しており、様々な社会課題についての情報が集積されています。
trapro.jp

④食べる政治(http://taberuseiji.com/)

「食べる政治」は、「身近な“食”をきっかけに、政治や社会問題について考えよう」をテーマとした、食べもの付きの月刊誌です。毎月異なるおいしい食材を取り上げ、その食べものに関連のあるできごとや社会問題を解説します。

食から政治を考える。かなり身近ですね。身近すぎて、関心がない課題について
わかりやすく、課題の背景まで解説されています。
(食材もついてくるんだって、最高じゃん)

まとめ

選挙のときだけの公開討論会だけではなく
日頃からもっと政治に必要な情報にアクセスすることができ
かつ、理解をするため・してもらうための努力をしなければいけないですね。
一回だけの政治的行動だけでは、社会は変わらない。

ほな、また

福山市の選挙まであと、19日
#選挙に行こう

《過去記事:政治関連》
sharebartender.hatenablog.com
sharebartender.hatenablog.com
sharebartender.hatenablog.com
sharebartender.hatenablog.com


《ソーシャルハウス作成中》
sharebartender.hatenablog.com
sharebartender.hatenablog.com
sharebartender.hatenablog.com
sharebartender.hatenablog.com

福山の市長選、もう来月ですね。

参議院総選挙が終わり、ニュースは以前よりも選挙の内容は減るだろうなと思っていたのですが
ほぼ毎日のように、都知事選挙のお話ですね。
変に群雄割拠してて、政治とか抜きに見ながら「よくわからん」と横目で楽しんでます。

参議院選挙や衆議院選挙などの
国政を決める選挙のときは大手マスコミも大々的に取り上げるので
全国で盛り上がりを見せて、その結果として地方も考えねばあかんやろ!的なムードが漂うのですが
やはり、それは一過性のもので、通り過ぎてしまえば、人々の関心は政治以外のものにそれてしまう。
ほら、今はポケモンGOの話題で持ちきりでしょ?
(確かに楽しいけどね。今20匹ようやく捕まえた)

さて、僕たちのふるさとである広島県福山市では来月末に
福山市市長選がございます。

すごくまとめてあったブログ記事があったので、候補者の政策などはこちらをご覧ください。
sun-malt.com

そりゃ、参議院衆議院とかよりかはマスコミは大々的には取り上げません。
けど、こういった市長選(市議選)って、自分たちの街のことを知るいいきっかけです。
マスコミが取り上げたからうんぬんかんぬんではなく
普段のこうしてほしいという希望やあれで困ってんねん!という不満などを
1人の意見を述べることのできる市民として表明できる機会なんだろうなと。

現在、22歳ですが
福山の町で政治のお話をしたことがとくにありません。
誰が誰を応援しているかは投票時にその人が決めればいいのであって
投票するまでの間は、この福山の町がどうあればいいかや、この町の産業がどうあるべきかを
僕たち住民が市民レベルで話し合いまくればいいんじゃないかと思います。派閥とか抜きにして。
大抵、こんなこというと「これだから若いもんはわかっとらん」とか言われそうですが

普通に考えて必要でしょうと思ってますので

というか、若いもんがわかっとらんかったら意見出したらいけんのんかと

僕らがわかっとらんかったら、先輩方教えてください!

若もんとベテランの先輩がたが議論するから
未来があると思っています。
政治って、ポケモンするくらいのものだと思っているので
もっと、多くの人と福山の将来の理想の姿についてお話しができたら嬉しいです。

▼併せてコチラも
sharebartender.hatenablog.com
sharebartender.hatenablog.com



#選挙、行こう

地方で生きる”風の人”と”土の人”

f:id:asahi1745:20160722084050j:plain

3日前、上京するまえに福山でお世話になっている方と
約2ヶ月ぶりくらいに再会した。

お互いの近況報告も兼ねてのお話しをしていた。
この人、お話がすごくうまい。
おもしろくて、ためになる。

そのおもしろい話しの中で、出てきたのが
「風の人」と「土の人」だ。

続きを読む