海と畑のせとうち暮らし、ときどきウイスキー

瀬戸内海近くの山の中で山を見ながらアイラウイスキーを飲んでる田舎者のお話

電車で寝てると、どこかわからない駅についてる時ない?(電車で地方と東京の生活を比較してみたよ)

広島で生活をしていた時は、一駅隣の駅に行くだけ。(山陽本線$福塩線)
島根で生活していた時は、汽車は使わずに原付で隣町まで日本海を見渡しながら移動してました。(山陰本線
※ちなみに島根は電気で動く電車ではなく、ディーゼルで動く汽車です。なので、電線ありません。


東京は、もう、電車、カオスです。
山手線、中央線、総武線、東急東横線副都心線丸ノ内線、銀座線、埼京線、都営新宿線、etc
多すぎじゃね?

広島はこんな感じ
f:id:asahi1745:20160227233720p:plain

東京はこちら
f:id:asahi1745:20160227233822p:plain

わけわかんないっす。

ちなみに、島根
f:id:asahi1745:20160227233850p:plain

これぐらい簡潔であるべき



①時間の使い方が違う

前回の記事にも書きましたが
sharebartender.hatenablog.com

東京・山手線「やっべ、乗り遅れた。まぁすぐ来るわ」 広島・福塩線「40分待ちか、音楽でも聞いて待っとこ」 島根・山陰本線「おい、走れ!!これ逃したら2時間待ちだぞ!!」 江津市三江線「あ、、、、、、次、、、、、、、明日か」

高校のクラスLINEグループに入れてもらってなくの存在忘れられたことを知った時の僕の気持ちは僕にしかわからない(東京に出てきて思った3つのこと) - シェアハウス管理人の日常

なんですよ。まじで。
東京はすぐに電車くる。
島根は逃すと普通に時間単位で待つことになる。

なので、島根は時間通りに打ち合わせが終わらなかったり、時刻表確認せずに行動すると色々と絶望の淵に立たされます。
ですが、交通に左右されるので1日の時間の使い方は、大抵固定されて、スケジュール立てやすいです。

東京は逃しても3〜4分、長くても10分待てば次の電車来ますもんね
もう、これには大変助かってます。絶望の淵に立たされることはほとんどない。
連続で来る電車万歳
ですが、待つ回数が多いからでしょうか。
ちょっと遅れるとイライラします。



(マジで、東横線の遅れ具合はどうにかしてほしいと思うことは多々ありますが、そりゃあれだけ人乗ってたらそうなりますよね、朝の通勤ラッシュ)

②地方は諦めがつく、東京は何とでもなる

地方の電車の少なさといったら神がかっているところもあります。

逃したら、2時間待ちです。
他に移動手段はありません。
なので、完全に諦めます。
諦めて近くの喫茶店に入ります。
wi-fi?もちろんwi-fiなんてあるわけないじゃないですか(笑)
おとなしく美味しいコーヒーでも飲みましょう。
(僕はコーヒー飲めないので紅茶ですが)

そんなゆったりとした時間が強制的に取れます。

東京はちょっと時間遅れてもたいてい取り返しがつきます。
大きな事故がなければ、たいてい問題ありません。
なので、仕事にもデートにも遅れることはありません。
僕みたいに知らずに特急に乗って
どこかわからない駅に着くなんてことほとんどの人はありません。

交通から変わるライフスタイル

東京も地方も電車やバスなどの公共交通機関がありますが
交通機関の時間や本数などでライフスタイルは変わってしまいます。
地方に行く時、東京に行く時はぜひ、下調べをしていくことが
基本ですね。はい、気をつけます。


さて、そんな全国の地域のリアルな情報をまとめてあるサイトがこちらです。
iju.trapro.jp
皆様の地元やいったことのある地域の情報をお待ちしております。

ほな、また