海と畑のせとうち暮らし、ときどきウイスキー

瀬戸内海近くの山の中で山を見ながらアイラウイスキーを飲んでる田舎者のお話

クローン病って、知ってる?(解説・病気編)

f:id:asahi1745:20160311085223j:plain
入院・診断編からの続きだよ

俺氏「先生、クローン病になったら、死ぬんですか?余命わずか?みたいな?」

先生「いや、そんなことはないですよ」

俺氏(なんか含みのある言い方・・・)

先生「じゃあ、ざっくり説明しますね」

という感じで説明が始まったわけなのですが
今回は、こちらにクローン病とはなんぞやとまとめていきたいと思います。
つまり、あれですね。解説編ですね。
主人公の必殺技を解説する回みたいな
はい、始めます。


まず、クローン病の前に知っておかないといけないのは

IBDです
いいですか?IBMじゃないですよ?IBDですよ?
AI開発とかしてないですからね?SAOの世界を再現するとかしてないですからね。

IBDとは?

大腸及び小腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍をひきおこす原因不明の疾患の総称を炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease:IBD

そして、IBDには二つの病気に大きく分類されます。それが下記の二つ

  1. 潰瘍性大腸炎
  2. クローン病

まず潰瘍性大腸炎についてですが

潰瘍性大腸炎は、大腸に慢性的に炎症が生じ、潰瘍ができる原因不明の病気です。病気がおこる場所(病変部位)は直腸を中心として始まり、大腸全体にまで広がることがあります。症状としては血便、粘液便、下痢や腹痛などがあげられます。 この病気は症状が良くなったり(寛解)、悪くなったり(再燃)を繰り返す慢性の病気で、厚生労働省より医療費助成対象疾病(指定難病)に定められています。
https://www.jimro.co.jp/ibd/01kiso/1.htm

現・内閣総理大臣である安倍晋三氏が第一次内閣時に体調不調で総理大臣を辞任された時に苦しんでいた病気がこちらですね。
(国会のヤジでこの病気のヤジでてましたが、本当に辛いんですからね。これ)

そんでもって、二つ目が僕が突如宣告されたクローン病です。

クローン病は原因不明で、主に10~20歳代の若年で発症し、消化管に縦長あるいは不整型の潰瘍、粘膜が腫れたり、内腔面が狭くなったりする炎症性病変です。この病変は口腔から肛門までの消化管のあらゆる部位に見られますが、小腸や大腸が好発部位です。主な症状として腹痛、下痢、発熱、肛門病変などがありますが、その他、消化管以外の合併症を伴うこともあります。 この病気は潰瘍性大腸炎と同様に厚生労働省により医療費助成対象疾病(指定難病)に定められています。 
IBDとは


僕の考え方ですが
潰瘍性大腸炎は「大腸」に症状がでて
クローン病は「消化器官全体(主に小腸・大腸)」に症状が出る
と、いう風に考えています。

さて、クローン病の症状ですが
上述の通り、主に小腸・大腸に症状が現れます。
僕の腸が白かったのは潰瘍があったせいですね。
このブログに腸の中身を乗っけるのは、苦手な方もいらっしゃると思うので
炎症起きてる腸の中身を見てみたい方は、下記のリンクから飛んじゃってください
クローンフロンティア|クローン病について|クローン病の現状|クローン病とその症状|病変

で主な症状としては

  1. 腹痛
  2. 下痢・血便
  3. 発熱(しかも高熱)
  4. 体重減少
  5. 肛門痛(痔とかね)

が挙げられます。

正直、初期症状が出ただけじゃクローン病潰瘍性大腸炎という風にわかりません。
普通の風邪みたいですもん。
僕も母の進言で精密検査をした結果わかったので、不幸中の幸いです。

どういう人がこの病気にかかりやすいかというと
原因不明なのでわかりません

ですが、発症の年代でいうと
「10代〜20代」の若年層がよく発症してます。
なので、僕がかかったのも年齢でいうとドンピシャってことですね!

原因不明とは言われてますが
・動物性脂肪やたんぱく質を多く摂取する人
・生活水準が高い
・喫煙する人
が発症しやすいと言われt
先進国、特に北米やヨーロッパで高い発症率だそうです。
(絶対、食生活だろうな・・・)

f:id:asahi1745:20160311091813g:plain

難病情報センター | クローン病


と、まぁこんな感じです。

次回は解説・治療編です。