海と畑のせとうち暮らし、ときどきウイスキー

瀬戸内海近くの山の中で山を見ながらアイラウイスキーを飲んでる田舎者のお話

【英国】田舎で、暮らせばなんとかなる説【EU離脱】

f:id:asahi1745:20160624193740j:plain

イギリスがEUから離脱することが国民投票の結果、決定しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160624/k10010570211000.htmlwww3.nhk.or.jp


出口調査とか聞いてると、ほぼ残留派が勝つんだろうなぁと思ってたのですが

まさか、離脱派が勝利するとは。

そして、ここから

日本の為替市場が大きく動きました。



ツイッターのタイムラインとニュースピックスのコメント欄がざわつきはじめました。

確かに、日本にも大きな影響が出始めていますね。

私たちの生活にどのような影響を与えていくのでしょうか?

不安は募る一方です。

・・・・・・

・・・・・

・・・・

・・・

・・

あれ?田舎にそれって関係あんの?(小2並感漂う感想)

まず、食べ物は豊富にあります。

イノシシを狩ったり
地鶏を育てたり
山菜を採取したり
魚を捕まえたり

まず、食物には困らない環境ですよね、田舎

ただし、自然の猛威にはかなり左右されますが
(先日の大雨で畑と田んぼが死にました)

けど、意外と他のお宅からも助けてもらえるようなコミュニティ。

なんとか、生き残れます。

家についても、古民家が多く残っているので

そこに住むこと可能です。(空き家関連の法律やオーナーとの縛りは無視をしています。)

食べるもの、住むところ、着るものがあれば

なんとか生きていけるはずですよね。(極論すぎますが)

やっぱり、百姓最強説

てか、そもそも

グローバル経済ってなんやねん(勉強不足)

ローカル経済で小さく回す力がなくなってきてるのではないかと思っています。

昔は、それで回っていたはずです。

大きな経済も重要ですが、それを支える小さな経済はさらに重要なのではないでしょうか。

早いうちに、瀬戸内の小さな田舎で確実に死ぬまで幸福な人生を過ごせるコミュニティを作っていきたいです。

地域(ローカル)内で回していく、経済システムの再構築。

では、また

【関連ブログ記事】
EU離脱とか、ほんとどうでもいい/イケダハヤト氏
http://www.ikedahayato.com/20160624/62236925.html?utm_content=buffer17c49&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer


【イギリスのEU離脱記事】
https://t.co/GuI3FwNm61

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160624/k10010570211000.html