海と畑のせとうち暮らし、ときどきウイスキー

瀬戸内海近くの山の中で山を見ながらアイラウイスキーを飲んでる田舎者のお話

赤ちゃんとSNSの選択権についてなんだけど:毎日ぼやきシリーズ(2)

生まれてくる子供って親を選べないよね。

いや、僕自身が自分の両親に対して不満を持っているというお話じゃないよ。

至極、一般的なお話として「親は選べない」ということがあるだけ

そりゃそうだよね。

精子卵子が出会って、生命の神秘の力で生まれてくるんだもの。

そこに僕たち人間が介入できるはずないよね。

でも、今日、改めて思ったのは

その子供たちが、生まれてきた瞬間のお話し。

このお話は、以前、僕の家に泊まりに来た友人が言っていたことでもあるのだけど

実に興味ぶかいお話し。

みんなの友達って、ほとんどの人がSNSやってるよね?

FacebookTwitterとか。

例えば、facebookを見てるとさ

「今日、男の子が生まれました!すごくかわいいです!」だったり

「愛しい我が子が誕生しました。名前を◯◯と言います」みたいな感じの投稿あるよね

すごく愛らしい写真ととも、心が和む。いいよね、赤ちゃんが生まれてくるのって

けどさ、考えてみよう。

その赤ちゃんたち

生まれた瞬間にSNSデビューだよ。

赤ちゃんもびっくりだよね。

生まれた瞬間からネットの世界に顔写真とともに投げられるわけなんだから

しかも、それって半永久的に消えない。ずっと世界中の人にさらされ続ける(見守られ続ける)

そして、成長の記録としてFacebookにどんどん記事が投稿されていく。

もしかしたら、その子はSNSが嫌いなの子かもしれない。

けど、生まれた瞬間からデビューしちゃってる。

それが至極当然のことのように、写真や様子を記した記事がネットに拡散されていく。

嫌いでも、生まれた時から関わり続けるSNS

一応、言っておくけど、これが悪いことなんて言うつもりは毛頭ないよ。

僕自身も、友達が出産してお父さんやお母さんになるのをSNSで見るの、すごく好き。

家族欲しいなって思う(現在彼女なし独身です。)

けど、それって僕たち大人の指標であって、子供たちの指標ではない。

赤ちゃんは当然のことながら、自らの意思を表明できるわけがない。

それじゃあ、僕たちがFacebookなどに赤ちゃんの写真をあげるのはなぜなんだろう。

赤ちゃんの愛らしい写真を残すため?

それとも、自分の赤ちゃんを自慢したいため?

僕たちが見ているのはSNSなのか、それもとも子供(赤ちゃん)なのか。

うん、考えていてもわからなくなったから

今日はこのへんで

みんなの意見も聞かせてね

【赤ちゃんとSNSの選択権】について

これは愛なのか?それともエゴなのか?

では、また