海と畑のせとうち暮らし、ときどきウイスキー

瀬戸内海近くの山の中で山を見ながらアイラウイスキーを飲んでる田舎者のお話

「ただの人間には興味ありません。真のよそ者・わか者・ばか者がいたら島に来なさい!(懇願)」

この間、abemaTVで涼宮ハルヒシリーズやってましたよね。

久々に見て、テンションあがりました。
やっぱり、ハルヒさん可愛いですね。
あんなツンデレ美少女と出会(ry

はい、本題に入ります。


よく地域の活性化には
・よそ者
・わか者
・ばか者

といった、3者の人間が必要だと言われています。

じゃあ、よそから来たばかな若者
地域を活性化できるのでしょうか?

正直なこと言うと
「無理じゃね」

いや、地方創生が話題のホットワードのトレンド入りする前にだって
そんな要素を持った人たちはいくらでも地方に入ってませんか?

「ただのよそ者・わか者・ばか者には興味ありません。」って、ハルヒさんも言いそうな感じです。
f:id:asahi1745:20160510134128p:plain
個人的にはポニーテールのハルヒさんが好きです。

そうです。”ただの”ではいけないのです。
単純によそ者・わか者・ばか者が地域にいるからって地域は活性化しないんです。

では、どんな人が地域に必要とされているのでしょうか?
この3者の要素を独断と偏見で分解していきたいと思います。
(あくまで、運営者の見解です)

しがらみにとらわれず、あえて空気を読まないよそ者

地方に来たら、すんごいしがらみがあるんです。
「あそこのあの人は◯◯じゃけぇ、ダメよ」
「あの地域は外様(とざま)じゃから付き合わん」

いや、知るかよそんなこと。
と、思っている世間知らずがこのブログを書いてます。

外から来た人にとってそんなこと関係ないんです。正直。
いつのまにか、イザコザに巻き込まれたという感じでしょう。

だから、移住してきた人が離脱していってんですよね。
(いや、本当だから気づいて)
移住して、しがらみが嫌だったって感じのブログあった気がする。。。

でも、そのイザコザにもちゃんと過去の経緯があって
地域の性格みたいなものもあるので、外から来た人もそこは理解せずに
そのイザコザに意見とか出したら

「あのよそ者が余計なことしょーるで(してる)!」

と、指刺されます。

だからこそ、地域の人の人間関係を把握できる人が必要なのです。
それができるのが、「よそ者」
地域にずっと住んでる人って、すでにしがらみの中で生活してるので
意見を言おうにも言えないんですよね。変なプライドみたいなのがあって
仲良くしようとしても、お互い近寄れない感が不思議と文化として構築されてしまっています。
そんなしがらみを簡単に飛び越えれるのが「よそ者」なのです。
しがらみを飛び越えて、それぞれの地域の人の特性や意見を把握することができる。
だから、地雷ワードを理解できているので、下手なことを言う回数も減る。

で、把握した上で、しがらみの中で意見を言えるのです。
「空気を読んで、あえて、空気読まない発言」できる。

いつの間にか、地域の間を取り持つ仲介者になるんでしょうね(理想)

じぃさんたちが持ってない知識を共有する若者

地方は少子高齢化が進んでいるとよくニュースで言われているように
田舎を歩けばじっちゃん・ばっちゃんばかりです。
しかも、超絶元気な。
山の上で普通に農作業してますからね、あの人たち。
船で海に出て、めっちゃ魚釣ってくるし。

元気なじっちゃん・ばっちゃんも地域をよくしてーなーと思ってたりします。
もちろん、じっちゃん・ばっちゃんだけでなく中年のおじ様おば様たちも
ですが、なにしろ、これまでやってきたこともないことをやろうとしているので
何から手をつけたらいいかわからない。

若者にもっと遊びに来てもらいたいが、どうやって呼んだらいいかわからない。
インターネットを使ってみたいが、なにをどうすれば?
スマホで写真ってどうやって撮るの?
PCにログインするためのパスワード忘れた。てか、ログインってなに?

そんなときこそ、僕らの世代の出番です。
ネットネイティブの僕たちだからこそ、その部分をサポートできたりすることもあります。

また、情報に多感なので、地方の事例とかもよく知ってる。

そんな情報を地域の人たちに渡して、地域でどんなことできるか
話し合いをしてみてください。

地元の◯◯を使ってこれできんかね!
あの人が確か技術もってたはず!
あー、それならうちのオカンができたはずだわ。

と、地域の資源や自分が持ってる知識・アイデアを言ってくださいます。
さすが人生のベテラン勢。
地元のことなら、彼らに任せるほうが早いです。
じっちゃんたちをなめたらあきまへん。
僕らは最先端の情報でサポート
じっちゃんたちは地域での知恵でサポート

これが重なると超おもしろくなるんだろうな。

僕たちが持っている最先端の情報を積極的にシェアできる若者が地域に
必要されているのではないかと、若造が思っています。

「お前バカな事言う奴だな!けど好きだわ!」と言われるばか者

要するに可愛がられてる奴っていうのが前提条件ですね。

ただのバカはいらないんですよ。
地域をかき乱すだけだから。

地域に真摯に向き合って、
どうやったら地域が良くなる?
周りの人が良くなる?
そして、自分自身が幸せになれる?
と考えた結果のアイデアを出せる人です。
本当に必要ない人。

それをなんでそこまでするの?バカなの?と言われるくらいしている人だと思っています。

提案するときも、「いや、これっすよ!これ!!これなら!!」
って、勢いがある人。

バカだけど、愛される。
そんな人って、身近にいたりしますよね。


まずは、僕が仕事ができる人間に

これは、僕思っていることであり
自分がなりたい理想です。

この「よそ者・わか者・ばか者」については
様々なブログ、記事などで議論されていると思いますが
僕はこれらが地域に必要な要素かなと思っています。

僕自身が、仕事ができる人間になって、外から来る人も中にいる人も
楽しく過ごせる空間作ります。

そして、タイトルはハルヒさんシリーズをパロしたかっただけなので
島に遊びに来たいかたはぜひどなたでもお越し下さい!
※FbのメッセンジャーTwitterのDMにて対応いたします。

合わせてこちらも
sharebartender.hatenablog.com


では、また